So-net無料ブログ作成
検索選択

これは感動的なpikapikaの動画 [ホットなニュース]


これはすごい!pikapikaというアーティスト集団とSo-netが共同で制作した
「光」のパフォーマンス!ここで紹介しているのは本編を作る過程を紹介したメイキング映像。
本編はhttp://eyevio.jp/movie/98224をご覧ください。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iphoneが遂に発売! [携帯ニュース]


6月29日ついにアップルが満を持して開発したiphone(アイフォーン)が全米で発売になった。
写真はその前夜にニューヨークのアップルストアの前に並んだ長蛇の列。テレビニュースでは購入者はなぜか勝ち誇ったようなそぶりでインタビューに答えていたのが印象的だった。アメリカでもやはりiphoneは画期的だったのだろう・・。日本でも来年早々にはたぶんソフトバンクが発売するとのうわさであるが、NY同様大混乱になるのは間違いない!先日のSONYの株主総会後の会見でもストリンガー会長が「SONYでもウォークマンPhoneを発売する!」と言ったとか言わないとか・・・。ぜひ発売して欲しいものだ。
それと、ドコモの夏のキャンペーンでdocomo2.0というので「ドコモはバージョンを2.0にして驚くべきことを発表します!」と言っていたが、このタイミングで「ドコモがiphoneを発売することが決定しました!」と言ったらそりゃみんな驚いただろうに・・。でもwiiのように携帯電話を振りながら操作するゲームが登場したとか、そんな話題だけだった・・。拍子抜け・・・。日本の技術やアイデアはどこに行ったのだろう・・。

アメリカは911以降哲学国家になっている。「こうあるべきだ」「こういう考え方にみんな賛同してくれ!」そんなことばかり言っていて何も生まれちゃいないですか!?
それにもかかわらずiphoneは発売してしまうのがアメリカのアメリカたる所以なのだ!
ガンバレニッポン!!チャチャチャ!!

※NYアップルストアの場所をbuzzmapで紹介しておこう!

Apple Store Soho


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中目黒キッチンパンチ [グルメ]

中目黒キッチンパンチ


中目黒の駅の裏手にある昔ながらの洋食屋「キッチンパンチ」は
創業40年のじいちゃんと息子がやってる老舗の日本の洋食屋。
ウィークデーのランチ時と夕食時と土曜も第1、第2、第4しかやってないので
いつも長蛇の列!それもそのはずコックさんは息子さんただひとり。
味は完璧!恵比寿のキッチンボンのようながんこおやじ風の肩身の狭い
感じもなく、いつもなごやかで、おやじさんとの会話もはずむ!
名物ハンバーグ定食のデミグラスソースは絶品!日本一!
そのうえ、チキンライスだろうがオムライスだろうが、カレーだろうが
トッピングにエビフライやハンバーグやメンチカツ、ポテトサラダなどを
自由に添えられるので、パンチの味を1回で堪能できる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

巨牛荘 六本木店 [ホットなニュース]

巨牛荘 六本木店



久々に巨牛荘の六本木店に行ったら、なんと場所が変わって元くろひつじのあった
ハードロックカフェの奥の場所に移っていました!
4月27日にリニューアルオープンしたばかりとあって、店内はものすごくきれい!
両国石原町の本店には80年代に何度行ったか知れません。
その後、六本木店もできて、ここにも何度か足を運びましたが、その「至福の喜び」
を常に与えてくれる、あの巨牛荘が「くろひつじ」の洋装でリニューアルオープン
してしまったのです!でも味は全く変わらない!
名物のプルコギもケジャンもぬるぬるうどんも20年前と全く変わらぬ至福の味!
白金の金○山よりも、四谷三丁目羅○門よりも麻布のき○く亭よりも
リーズナブルでここちよくて至福の喜びを味わえる・・・。お店の人もいい人ばかり!
元くろひつじだから入り口にロッカーまで出来ちゃってにおいも付かないで帰宅できます!こんな焼肉屋さんはたぶんないでしょう。

そういえば「巨牛荘(きょぎゅうそう)」は職匠・桜井要三が1977年(昭和52年)、両国の墨田区石原に創業した、数ある焼肉店の中、焼肉通の多い業界人が“究極の焼肉屋”と絶賛し、通いつめる、こだわりの焼肉屋なのですが、今やハードロックカフェやトニーローマ、カプリチョーザなどのチェーンを持つWDIの傘下にあるんですね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日比谷の歴史建造物が [ホットなニュース]


「戦前の東京のモダンな雰囲気を伝える歴史的建築物として親しまれた
東京・日比谷の三信ビルディングの解体工事が1日、始まった・・・」
というニュースがSo-netトップページで報道されていた。
私の前の会社はこの三信ビルのすぐ近くだったのでとても思い出深いビルだ。
良くこのビルの中のレストランでランチなどを食べたものだ。
この場所のすぐ近くにあった晴海通り沿いの「日活ビル」も三信ビルに匹敵するくらい
情緒在るビルだったのだがここにはすでにペニンシュラホテルが建設され始めている。
なぜ日本はこのような歴史的建造物を残して景観を永遠にしようとしないのだろうか・・。
日比谷周辺の佇まいは、私が入社したばかりの1980年代ですらも
まだまだ大正時代の面影を残すすばらしい景観が残っていた・・・。
でも現在ではすっかり変わってしまい、ある意味殺風景なものになっている。
それが時代と言うものだといえばそれまでだが、昨年行ったイタリアなどは
そこいら中に中世の景観が残されており、それが国民の自慢だと言う・・・。
この周辺は三菱地所がデベロップしていると思うが、特に有楽町、日比谷、東京丸の内
あたりは、現在の超未来志向の景観ではなくて、明治・大正時代の
日本の近代文化の創世期を忘れない、ヨーロッパ文化の流れを残すべきだと
思うのです。そんなことを考えていたらそんな人たちもいるんですね・・。
http://www.citta-materia.org/sanshin.php
彼らの努力も空しく三信ビルは解体されちゃいました・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中目黒の桜 [So-netPHOTO]


今年も中目黒駅からすぐの目黒川沿いの桜は3月30日くらいに満開を迎え、
すぐに撮影に行きました。
今年は例年良いも暖かく、3月半ばには満開になると言っていましたが、
結局、途中に一時寒くなるときもあって満開は3月最終週となりました。
その後雨も降って、風の強い日もあって4月に入ってからは、
日を往ごとに暖かくもなり4月7日現在はすでに緑が多くなっております。


So-netBuzzMapをサイドバーに・・・ [web2.0]


「So-netBuzzMapみんなの地図」の更新情報をBlogのサイドバーに貼り付ける方法を
見つけたのでご紹介します。
(上記の図の左の青点線部分です=このページのサイドバーに付いてます)
これはつまり、汎用性のあるブログパーツ版RSSリーダーをSo-netブログのカスタムペインに
書き込めばいいだけなんですが、意外とないんですね。そういった汎用RSSパーツって・・。
Blogでもサイドバー用RSSリーダーを備え付けているのは「livedoorBlog」くらいです。
(ほかにもあったらごめんなさい・・gooBlogとかはそもそもCSSから書き直さねばならないので)
(とても僕の手には負えませんでした)
検索等で調べ上げた結果、RSSリスティングというジャバスクリプト版RSSリーダーパーツを発見してこれを使ってみました。


ページの真ん中の「HTMLソースを取得」を押すとRSSフィードを入れるところが出てきますので
そこにBuzzMapの「RSS」というボタンを押したときに行くページのURLを入れます。
ただそのURIはmax=***とかmin=***など、地図の大きさなどが入っていて長すぎるのですが
僕が察するに下記のURIでOKだと思います。

http://buzzmap.so-net.ne.jp/rss/spot?desc=true&order=0

これを入れてあとは表示したい新着リストの件数や日本語文字コード(Shift-jisを選ぶ)などを
選択して「HTMLコードを発行する」とやるといとも簡単にサイドパーツ用のスクリプトが下に出ます。
ついでにここに書いておきましょう。
(これは皆さん共通なのでこのままカスタムペインに書き込んでもOKです)


<script language="javascript" src="http://rss.tc/feed/
RssReader.aspx?url=http://buzzmap.so-net.ne.jp/rss/spot?
desc=true&order=0&displayRow=10&enc=3&dispTitle=true&
dispTime=false&id=27754"></script>
<div style="font-size: 10px; text-align: right; margin: 2px ">
Powered by <a href="http://rss.tc/" target="_top">
<img src="http://rss.tc/images/rsstcicon.gif" alt="RSSリスティング"
width="80" height="15" border="0" align="absbottom" />
</a></div>


※上記をコピーする際に改行を取り除いて貼り付けないと動作しない場合があります
またカラーを設定するというところをいじれば背景色や文字色も変えることができます。
あくまでこれはRSSリスティングさんのお力を借りてフィードしていますので
リーダーの最初には1行広告が出てしまうのと、最後にRSSリスティングへのリンクボタンが
出ますが、これらをスクリプトからはずすと「自動的に配信停止」になると書かれているので
ご注意ください。
So-netBlogも早くBlogパーツでRSSリーダーを始めて欲しいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゼルダ攻略本、4冊目登場! [wii]

wii版「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」の攻略本が3冊同時発売と書いたその日、
なんと小学館からもう1冊「任天堂公式ガイドブック / ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」
として発売されていた!!都合4冊となる。また表にしておこう。

 
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス ザ・コンプリートガイド
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス パーフェクトガイド
ゼルダの伝説トワイライトプリンセス
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス 任天堂公式ガイドブック
題名
内容
ISBN:978-4-8402-3772-7
発売日 2007/02/02
販売価格:1,365 (税込)
ISBN:978-4-7577-3390-9
発売日 2007/02/02
販売価格:1260円 (税込)
ISBN:978-4-8399-2294-8
発売日: 2007/02/02
販売価格:998 (税込)
ISBN:978-4-0910-6352-6
発売日: 2007/02/03
販売価格:1000 (税込)
出版社
メディアワークス
エンターブレイン
毎日コミュニケーションズ
小学館


※背景が黄色の分が新しいもの。
小学館版は「任天堂公式ガイドブック」と銘打つだけに内容も充実しているのだろうか・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスの攻略本が3冊同時発売!さてどれがいい? [wii]


wii版「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」の攻略本が先日出揃った。
前回レポートをした際には2冊のみだったが、なんとその後にNintendoDREAM編集部版も登場!
書店に行ってみると3冊が並んでいた。まずはその3冊のおさらいをしよう。

 
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス ザ・コンプリートガイド
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス パーフェクトガイド
ゼルダの伝説トワイライトプリンセス
題名
内容
ISBN:978-4-8402-3772-7
発売日 2007/02/02
販売価格:1,365 (税込)
ISBN:978-4-7577-3390-9
発売日 2007/02/02
販売価格:1260円 (税込)
ISBN:978-4-8399-2294-8
発売日: 2007/02/02
販売価格:998 (税込)
出版社
メディアワークス
エンターブレイン
毎日コミュニケーションズ


それぞれの特徴をレポートする。
■メディアワークス版:3冊の中で最もぶ厚いものとなっている。値段も最上級。厚さがあるので
  読み応えがありそうだ。でもその分幼稚な感じもする。
■エンターブレイン版:値段も厚さも3冊の中で中間。ファミ通編集部版なので中身も保証つき
  3冊の中で最も無難な1冊だと感じる。
■毎日コミ版:厚さはエンター版とほぼ同じだが、値段が1000円以内と最も安い。
  内容はNintendoDREAMに掲載されていた記事のまとめになっているのだろう。
  ただ、帯に書かれた「おとなのFAQ全48本」という言葉にものすごく惹かれる。
  私はおやじだから子供用の攻略本では満足できないのだ。でもそれは逆にお父さんのための
  ワイドショー講座的な稚拙な説明満載と受け取れなくもない・・・。
さて私はどれを購入したでしょう?皆さんはどれを購入しますか?おやじの場合ですよ。ゲーマーさんはもう終了してるんだから買うわけはない・・・。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

iphoneのCMが!! [ホットなニュース]


iphoneのコマーシャルがもう米国では流れまくっているようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。